プロテオグリカン軟骨

その高い保水力・保湿力から美容商品で人気成分となっているプロテオグリカンですが、軟骨成分としても知られています。特に関節痛・膝や腰などの痛みに悩まされ て、グルコサミンでも効果が感じられなかった方には、軟骨形成成分のプロテオグリカン摂取をおすすめです。こちらでは、口コミで話題のプロテオグリカン軟骨関連アイテムをランキング形式でご紹介しています。

すぐに「おすすめ人気ランキング」を見る

軟骨とプロテオグリカンの関係

まず、私たちの身体の中にある軟骨を構成している成分をご紹介します。

約70%は水分です。

それ他の成分は下記のようになります。多い順に見てみてみましょう。

II型コラーゲン
プロテオグリカン
ヒアルロン酸
その他

今まで、コラーゲンやヒアルロン酸という言葉は耳にしたことがあると思います。しかし、プロテオグリカンはあまり聞いたことがない馴染みのない成分かもしれません。

各成分には、それぞれ必要な役割があります。

プロテオグリカン・・・軟骨内のクッション
ヒアルロン酸・・・滑らかな動きをサポート
II型コラーゲン・・・これらの成分を繋ぎとめて形成する土台

軟骨にとっては有名なコラーゲンやヒアルロン酸だけではなく、プロテオグリカンもとても重要な役割を果たす成分だと、改めてわかりますね。

軟骨の重要な成分の一つであるプロテオグリカンとは

近年、プロテオグリカンは健康・美容業界から注目を集めています。それにはそれなりの理由がきちんとあるのです。

その理由の一つに、プロテオグリカンは、皮膚や軟骨に多く含まれていて、ヒアルロン酸の130%とも言われる高い保水性・保湿力があるのです。

また、注目されているところは、この保水性・保水力だけではありません。高い弾力性があるため、軟骨への衝撃をやわらげるとして、ひざなどの関節症の症状を緩和する効果としての役割もあるのです。

関節痛に有名なグルコサミンやコンドロイチンとの違い

関節痛

関節の軟骨に効く、といえばグルコサミンやコンドロイチンを頭に浮かべる人もも多いのではないでしょうか。

グルコサミンはプロテオグリカンを作っている成分で、コンドロイチンはプロテオグリカンの中に存在する成分です。

どちらの成分も本質的な部分はプロテオグリカンなのです。

プロテオグリカンを直接摂取すれば、グルコサミンやコンドロイチンを摂るよりも、もっと効果が期待できます。

関節痛・膝などの痛みにプロテオグリカンが人気の理由

軟骨

若いうちは、スポーツを激しくやっているなどの特別な理由がない限り、身体の関節を動かす際、通常は骨と骨の間にある軟骨がクッションとなって、痛みを感じることはありません。

しかし、年齢を重ねるとともに、軟骨が変性したり、すり減ってしまったりするため、痛みや腫れが出てくる場合があります。

実に、日本人の50歳以上でみると、半数以上の方が患っていると言われています。

プロテオグリカンの良いところは、高い保水力で軟骨に弾力性を持たせるだけではありません。その他にも、軟骨の元となる細胞を増殖させて軟骨の形成を促し、軟骨の減少を予防して変形性関節症の症状をやわらげる効果が期待できるのです。

他にも、炎症作用によって痛みの緩和も期待できるので、こうした理由から、プロテオグリカンの摂取が注目されているのです。

プロテオグリカンの商品の選び方

★配合量

プロテオグリカンがしっかりと配合されている商品を選びましょう。様々な成分の中でほんの少しだけ「プロテオグリカンが入っています」といった商品ではなく、原料としてプロテオグリカンを中心としてII型コラーゲンなども配合されている商品を選びましょう。

★品質

健康のために摂取するものです。国産原料で、日本国内で製造している商品など、安心安全であるかは選ぶ際に、注目しておきたいポイントです。

★お客様の満足度

効果が高く、良い商品であれば、当然満足度も高くなります。商品の評価・レビュー・口コミなどを見て、評価の良いものを選びましょう。

人気おすすめ商品ランキング

先ほど、商品を選ぶポイントを述べましたが、色々な商品があって、はっきりいってよくわからない方も多いのが現状のようです。

そこで、当サイトが商品を選ぶポイントに合わせて厳選した商品をランキング形式でご紹介します。

皆様に合った商品選びの参考までにご覧ください。

Page 1 / 11
Copyright © 2017 プロテオグリカンの効果とは All Rights Reserved.

PAGETOP